交野市のギター教室なら―金澤ギタースクール

交野市のギター教室なら―金澤ギタースクール

②チューニングの方法

第2回
■チューニングの方法
ギターを購入したらまず正しいチューニングを身につけましょう。色んな方法があります。・チューナーを使う方法通常のチューニング(レギュラー・チューニング) の場合6弦(一番太い弦)からEADGBEとなるように順番に合わせます。メーターの針が真ん中に来るように合わせます。ポイントとしては低い音から高い音にむかって(針が真ん中にくるように)合わせていくと安定しやすいです。何度か繰り返し確認しましょう。

又、新しい弦は安定しにくいのでよく伸ばし(引っ張って)馴染ませましょう。

・音叉を使う方法

音叉とは金属製の基準音(440hz A音)のでる器具です。固いところにあてると振動で基準音が出ます。それを5弦開放弦(何も押さえない状態)に合わせます。

以下5弦5フレットと4弦開放
4弦5フレットと3弦開放
3弦4フレットと2弦開放
2弦5フレットと1弦開放
5弦開放と6弦5フレット

同様に繰り返し安定させましょう。

・ハーモニクスを使う方法

ハーモニクス(倍音)はフレットの真上に触れてピッキングすると得られます。何通りもの方法がありますが基本的なものは以下の手順です。

音叉で5弦開放を合わせる
5弦5フレットと4弦7フレットの各ハーモニクス
4弦5フレットと3弦7フレットの各ハーモニクス
3弦4フレットと2弦5フレットの各ハーモニクス
2弦5フレットと1弦7フレットの各ハーモニクス
5弦7フレットと6弦5フレットの各ハーモニクス

同様に繰り返し安定させましょう。

・オクターブ チューニングの方法

オクターブ・ピッチも正確に合わせます。
まず通常のチューニングが合ってる状態にして

5弦12フレットのハーモニクスをチューナーでA
にしっかり合わせます。
次に実際に5弦12フレットを押さえた音(実音) をチューナーでAに合わせます。

実音が微妙に高い場合ブリッジを後方へ移動
実音が微妙に低い場合ブリッジを前方(ヘッド側) へ移動して微調整します。

同様に全ての弦を合わせます。

要は12フレットの実音とハーモニクスをピッタリ にすることです。
________________________

又、弦の太さ・弦の新旧・ギターの状態により変わってくるので色々チェックしてみましょう。

分からない方はレッスンで気軽に質問してくださいね!

公開日:

金澤ギタースクール 交野教室
大阪府交野市神宮寺2-22-15
kanazawaguitar@jcom.zaq.ne.jp