交野市のギター教室なら―金澤ギタースクール

交野市のギター教室なら―金澤ギタースクール

(26)コードの仕組みをマスターしよう

第26回 コードの仕組みをマスターしよう

コードを合理的に理解していく方法を示します。

指板を把握して仕組みを理解すると、とても応用が効くので
本格的にギターを弾く方は必ず必要な知識です。

ギターコード練習には「CDAEG」というものがあります。

各コードタイプを移動させてコードをつくっていく考え方です。

文字通り5つのコードタイプを修得するものですが、その前に
6,5,4弦のルート音を覚える必要があります。

よく教本などにも載っていますよね!

ここでは6弦を取り上げます。(例 C major key)

開放=E 1f=F 3f=G 5f=A 7f=B 8f=C 10f=D 12f=E

例えばEのコードタイプを上記の6弦ルートにあてはめてみましょう。
すると各major chordが自然と得られます。形をずらすだけで出来上がります。

これは平行移動できるギターならではのメリットです。

分厚いコードブックを1から覚えていくよりもはるかに効果的です。

同様に6弦ルートならばGフォーム、
5弦ルートならばC、Aフォーム
4弦ルートならばDフォーム

を移動させていき指板上どこでもメジャーコードを弾けるように
していきましょう。

その先、レッスンではマイナー、7thコードを度数を意識して理解し、
更にtensionの入ったものへ進めていきます。

毎日少しずつ頑張ってみましょう。とても役立ちますよ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

公開日:

金澤ギタースクール 交野教室
大阪府交野市神宮寺2-22-15
kanazawaguitar@jcom.zaq.ne.jp